暑い中。頑張ってはるなぁ高校生、、高校野球みてて

インターハイの真っ最中です。私はバドミントンをしてて一応目指していましたが夢のまた夢。
甲子園の高校野球も、インターハイの競技の1つであります。別物のような盛り上がりや話題性ですが、、。
私の地元県の今年の滋賀県代表は近江高校です。春の選抜では滋賀県は3校出場したのでその3校からなのかな?、と思っていたら案の定その3校の1つ。
1回戦から強豪の智弁和歌山と対戦するので、全くきたいしていなかったのですが。
あれよあれよと言う間にベスト8まで勝ち残ってしまいました。
もしかしたら優勝?、とか思いましたが残念ながら準々決勝でサヨナラ負け、、、。
でも滋賀県でベスト8は本当に久しぶり、それこそ17年前の近江高校まで遡ることになります。その時はラジオで聞いていて気付いたら決勝まで行ったのを覚えています。
17年経って、私も色々ありましたけど近江高校も色々あったようで、、監督が老けたのが凄く印象に残りながら応援してました。
でも、今年はよくがっばったなぁ、滋賀県代表

プーシキン美術館展について色々と調べてみた

プーシキン美術館展最初は興味なかったのだが上坂すみれがナビゲーターやってると聞いて興味が出て色々と調べてみた
場所が東京都美術館となってるけど場所が上野だから上野公園歩いていけば大丈夫だろう
何度も行ってるからそう迷うこともないはずだ
フランスの風景画などが展示されているが麦を刈る女の絵とかはどこかで見たことがある人も多いはずだ
郷愁を誘うようなフランスの農村部が描かれている絵も多い
自然主義のような風景画が多く展示されているがそればかりではなく大都市であるパリの街並みも描かれている
描く人によってそのパリの街並みのタッチが違うことにも着目したい
クロードモネやポールセザンヌやポールゴーギャンなど著名な画家の作品もあ
さらにフランスから遠く離れたタヒチやジャングルを描いた作品なども展示されている
ゴーギャンがタヒチへ渡ってそこで絵を描いていたことは美術の授業で聞いたことがある人もいるのではないだろうか
繊細なタッチの絵が多いのでその細かい筆遣いをじっくり見ていくと2時間3時間はあっという間に経ってしまうかもしれない
忘れないうちにチケットを取って見に行きたい