シェア就業に対して共通目安が生まれる

自動車や広場などを貸し借りする「共有職務」が広まってきた結果、類似規準をつくろうと始める動きがあります。こういう産業には「シェアリングエコノミー協会」という産業株式会社があり、愛車の配車付きのウーバージャパンや、民泊大手の米エアビーアンドビーなどの多くの株式会社が参加していらっしゃる。こういう株式会社と景気事業省とで官民会議会を立ち上げて類似規準をつくるとしています。共有職務では代理人会社が見ず知らずの人間友達を取り持つことが多く、所有者とゲストとの間でトラブルになる場合があり、それを未然に防ぐしくみが望まれていました。そこで、マイナンバーカードや運営資格などを使った当人対比を徹底したり、所有者とゲストが両者を評価できる機構をアドバイザーが用意するといった基準に上る目算だそうです。共有職務では今後も様々な付きが出てくると思いますので、きちんとした規準がこなせる結果、一段と安心して利用できるようになると思いました。